どこでも持ち歩きが可能なポケットwifiが人気を集めています。
数多くの種類があり、値段もさまざまです。
値段や料金が安いというのは、ポケットwifi選びでもちろん大事なポイントですが、「安かろう悪かろう」では意味がないので、コスパが良いところをご紹介していこうと思います。

ポケットwifi選びで絶対おさえておきたいこと

無制限に使えるかどうか

 

ポケットwifiには、

  • 月間のデータ通信量に5GBや7GBといった制限があるタイプ
  • 無制限に使えるタイプ

の2つの種類があります。
ポケットwifiを選ぶ場合は、無制限タイプがおすすめです。

 

理由は2つあります。

  • ただでさえ、スマホ等でデータ通信容量(ギガ数)が足りなくて、それの補完の意味も含めてポケットwifiを検討しているのに、ポケットwifiに通信容量の制限があったら意味がないこと
  • 今後、動画の解像度が上がる等、消費ギガ数がどんどん増えていく傾向にあること

 

料金表示には要注意

 

よく「月額〇〇円〜」や「実質〇〇円」という広告やWEBサイトの表示を目にすると思いますが、これらの表示に騙されないことが大事です。

 

「月額〇〇円〜」
このタイプの表示は、ほとんどが最初の2〜3カ月は安いがその後は通常の料金に戻って安くなくなるパターンです。
ポケットwifiで無制限に使えるプランで、月額料金がずっと3,000円以下というものは存在しません。

 

「実質〇〇円」
これも要注意です。
キャッシュバック特典がある場合、そのキャッシュバック金額をポケットwifiの契約期間である24カ月や36カ月で割って、それを月額料金から差し引いた金額を「実質月額〇〇円」と表示をしているというのが、からくりです。

 

たとえば、月額4,000円でキャッシュバックが24,000円だとしましょう。
キャッシュバックの24,000円を24カ月で割ると1,000円となり、この1,000円を月額料金である4,000円から差し引いた金額を「月額実質3,000円」と表示をしているわけです。

 

実際問題、これは大変リスクがあります。
というのは、キャッシュバックをもらうのは大変ハードルが高く、事業者によっては2割程度の人しかもらえていないケースもあるほどだからです。

 

キャッシュバック受け取りのハードルがなぜ高いかについての詳細は、こちらをどうぞ。

ポケットwifiランキング

無制限に使えるか、本当に安いかというポイントを踏まえて、持ち歩きができるWiFiをランキング形式にまとめました。
なお、料金の絶対額が安い順に並んでいるのではなく、コスパの順に並べてあります。

 

BroadWiMAX(ギガ放題プラン)
broadwimax モバイルWiFiの代表選手といえばWiMAXです。特徴としては、
  • 通信速度が速い
  • 月間のデータ通信量の制限がない
  • 月額料金が安い

が挙げられます。

3日間で10GB 以上使用すると、通信速度が1Mbps(=1,000Kbps)に制限されますが、

  • 3日間で10GB使うのは逆に難しいほど10GB というのは大容量
  • 制限がかかってもYoutubeの標準画質動画など問題なく視聴できる
  • 制限がかかるのは18:00〜翌2:00で、これを過ぎると即制限解除

ですから、実質的には限りなく無制限に近いと言えます。

 

外出先でスマホと併用して、スマホの契約ギガ数を下げることでスマホ代を節約している人もいれば、家の固定回線をやめてWiMAX一本にして、通信費を節約している人も多いです。

 

button

月額料金 月間データ制限 評価
3,411円 無制限 wifi,持ち歩き,値段

Y!モバイルアドバンスオプション
ymobile Y!mobileのポケットwifiで「アドバンスオプション」を選ぶと、月間のデータ通信量制限がなくなって、無制限に使えます。
WiMAXと比べると、
  • エリアが圧倒的に狭い
  • 月額料金が高い

のが難点です。

それとY!mobileは契約期間が3年とWiMAXよりも1年長いため、端末のバッテリーが劣化するリスクが格段に高まるのもデメリットのひとつです。

 

button

月額料金 月間データ制限 評価
4,380円 無制限 wifi,持ち歩き,値段

Yahoo!WiFi
yahoowifi Y!mobileのポケットwifiにYahooブランドをつけて販売しているのが、Yahoo WiFiです。
月額料金1,980円はポケットwifiでは最安級ですが、月間のギガ数が5GBしかないのが難点で、おすすめはできません。
またY!mobile同様、3年契約であるところもデメリットです。

 

button

月額料金 月間データ制限 評価
1,980円 5GB wifi,持ち歩き,値段

スマモバ
smamoba ドコモの通信ネットワークを使っているため、エリアが広いのが特長です。

ただし、とくに夕方以降、回線が混雑して速度が遅くなることが頻繁に発生します。そうなると、たとえば動画などはほとんど再生できません。
また、「使い放題プラン」という名前がついていながら、実際には3日間で3GB 以上使うと通信速度が200Kbpsとなり、使い物にならなくなってしまいます

 

button

月額料金 月間データ制限 評価
3,980円 無制限 wifi,持ち歩き,値段

キャッシュバック受け取りのハードルが高い理由

 

キャッシュバックを受け取るハードルが高い理由は4つあります。
1.キャッシュバックを受け取れるのは約1年後
キャッシュバックはすぐには受け取れません。プロバイダによってバラツキはありますが、約1年後というところが多いです。
1年もすると忘れてしまう人が多いわけです。

 

2.キャッシュバックは申請制
1年後であろうと、何もしなくても振り込んでくれるなら、もらい損ねることはないのですが、キャッシュバックは基本的に申請制になっていて、申請をしなければもらえません。

 

3.申請期間が1カ月
キャッシュバックの申請期間は1カ月程度しかないため、気が付いた時には申請期間を過ぎていたというケースが多いです。

 

4.お知らせメールに気づかない
キャッシュバックの申請要領について、プロバイダからお知らせメールが来るのですが、これが曲者で、ふだん使っているメールアドレス宛ではなく、WiMAXを申込んだ際に無料で付与されるプロバイダメールのアドレス宛に来ます。これでは、メールが来ているのに気づかないのも無理はありません。

 

キャッシュバックにはこういったからくりがあるので、受け取れることを前提にWiMAXの料金を検討するのはナンセンスです。